Home > 子どもの嘔吐・脱水症状 > 子どもの脱水症状

子どもの脱水症状

子どもの脱水予防には、水分補給がとても大切です。嘔吐は下痢に比べると脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。
ただし、吐いた直後に水分を与えると吐き気を誘ってしまう場合があります。吐いてから1~2時間程間隔をあけてから少量ずつ、こまめに水分を与えてください。
水分はアルカリイオン水、お茶、野菜ジュース等、電解質を含んだものをおすすめします。
真水はかえって電解質のバランスを崩すため、避けるようにしてください。

スタッフ:F

☆。.:o.。...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─....o:゜。☆
  ゜o 。旭川市小児科 土田こどもクリニック 。o ゜
o○o   HP:http://www.kodomo-clinic.info/ o○o
。 o゜  北海道旭川市旭町2条10丁目128-50  ゜ o。
o☆o   電話: 0166-55-0202/FAX:0166-55-0012 o☆o
☆。.:o.。─...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─.o:゜。☆

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kodomoclinic.blog24.fc2.com/tb.php/7-7ff41056
Listed below are links to weblogs that reference
子どもの脱水症状 from 旭川市小児科|小児気管支喘息【土田こどもクリニック】

Home > 子どもの嘔吐・脱水症状 > 子どもの脱水症状

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top