Home > 赤ちゃんのうんち > 赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘

 うちの子便秘かな??

生まれてすぐの赤ちゃんは、1日に何回も柔らかいうんちをしていたのに、
生後1ヶ月を過ぎると、月齢とともにうんちの回数や硬さが変わっていきます。
うんちが2~3日でないと便秘かしら?と心配になりますが、機嫌が良く、食欲も変わらず、
順調に体重が増えているようなら、慌てる必要はありません。


 便秘かな?と思ったら、チェックしてみて!!

・3日以上、便が出ない

・コロコロとした便が続く

・便をした時、肛門が切れた事がある

・便の量が少ない

・便をする時に、いきんで苦しそうにする
 
                -2つ以上当てはまる時は、便秘かもしれません。

 便秘をそのままにしておくと・・・

便を出そうとするとき、つらくなる。便意があっても我慢する。腸で水分がどんどん吸収されて、
ますます便が硬くなり便秘がひどくなる。

-このような悪循環に陥ることがあります。また、そのままにしておくと、便意がだんだん
感じられなくなる事も・・・
 便秘は癖になるので、解消してあげましょう

 便秘の時は!!

① おなかをやさしく”の”の字にマッサージしましょう。
  ちょうど便が大腸の通り道に沿ってマッサージするので、便が出やすくなります。

② マルツエキス、砂糖水、果汁などを与えてみましょう。
  マルツエキスとは、水あめ状で淡い甘さの飲みやすい薬です。(病院で処方されます。)
  腸の運動を活発にし、おだやかな排便を促す作用があります。
  砂糖水は、白湯100mlにグラニュー糖5gを溶かして作ります。
  果汁は、効く子と効かない子がいるので、いろいろな種類を試してみてください。

③ 離乳食が進んでいれば、野菜を加えましょう。
  根菜類を煮つぶしたり、雑穀をおもゆに足したり、食物繊維をたくさんとれるように工夫
  してみるといいかもしれません。

 綿棒刺激
  綿棒の先にオリーブ油(ベビーオイル、サラダオイルでも大丈夫)をつけて、おしりの穴に
  綿棒の頭を入れ、くすぐってみましょう。
  肛門の周囲を回すようにしたり、前後左右にゆっくり動かしてみましょう。(入浴後や授乳後30分
  ぐらいが腸の動きも活発です。)

⑤ その他 浣腸
  どうしても便が出ない時は、診察を受けましょう。
  病院で浣腸をしたり、便をやわらかくするお薬を処方します。
  綿棒刺激や浣腸はくせになりません。排便の習慣をつけてあげるといいですね。

  何かわからないことや詳しく知りたいことがあれば、病院にてご相談にのります。
  いつでもいらしてください


看護スタッフ
  
   

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kodomoclinic.blog24.fc2.com/tb.php/262-044b8a21
Listed below are links to weblogs that reference
赤ちゃんの便秘 from 旭川市小児科|小児気管支喘息【土田こどもクリニック】

Home > 赤ちゃんのうんち > 赤ちゃんの便秘

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top