Home > 病気の説明 > 夏かぜ

夏かぜ

夏場に流行するのが、いわゆる「夏かぜ」です。

熱が39~40℃くらいと高いですが、咳や鼻水はなく、のどが痛くなることが多いです。
熱は2,3日で下がりますが、熱とのどの痛みのため食事がとれなくなるお子さんもいます

食事は口当たりの良い物を摂りましょう
食事を嫌がる場合は無理せず水分だけはしっかりととらせるようにしましょう
坐薬で熱が下がっている時に水分をとるようにすると、たくさん飲めると思います

水分が飲めず、ぐったりしたり尿量が少ないと脱水の可能性がありますので、その時は早めに病院を受診しましょう



看護スタッフ


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kodomoclinic.blog24.fc2.com/tb.php/252-079d0547
Listed below are links to weblogs that reference
夏かぜ from 旭川市小児科|小児気管支喘息【土田こどもクリニック】

Home > 病気の説明 > 夏かぜ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top