Home > 子どもの感染症 > RSウイルスにかかったら

RSウイルスにかかったら

最近ニュースなどで、RSウイルスが流行していると報道されていますね。

RSウイルス鼻水、咳、発熱などのカゼ症状を引き起こすウイルスで、
2才までにほとんどの乳幼児がかかると言われており、大人もかかることがあります
何度もかかることで免疫ができてきますが、乳幼児では気管支炎や肺炎になってしまう場合もあり、注意が必要です。


治療は症状に合わせた、痰切れ、解熱剤などの対症療法を行います。
あとは、安静にして水分を十分に摂ることも必要です

これからどんどん空気が乾燥する季節ですので、お部屋の加湿も忘れずに

小さなお子様は特に、呼吸が速い、ゼーゼー、ヒューヒューなどの呼吸音がする、顔色が悪いなど、症状の変化に気をつけましょう。

かかってしまった時の対応を書きましたがかからないよう、うがい、手洗いを十分に行う、人混みを避けるなどの予防も必要ですね


看護スタッフ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kodomoclinic.blog24.fc2.com/tb.php/171-a0827af7
Listed below are links to weblogs that reference
RSウイルスにかかったら from 旭川市小児科|小児気管支喘息【土田こどもクリニック】

Home > 子どもの感染症 > RSウイルスにかかったら

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top