Home > 子どものスキンケア > 乾燥と保湿

乾燥と保湿

旭川では落葉も降り積もり、ストーブ(暖房)が必要な季節となりました

ストーブを使うと空気がさらに乾燥し、朝起きるとのどがイガイガしたり、皮膚がカサカサ白くなったりします。


お子さんの肌はどうですか?
朝の着替えの時にざらついたり、かきむしり傷はついていませんか


子どもは汗をかくのでお風呂は毎日入り、できれば石けんをお母さんの洗顔ネットを使って泡立てて、泡をすりこむように手で洗ってあげるのがベストです

ナイロンタオルとボディソープは乾燥肌の一番の大敵と神戸の学会であげられていました。
要はお母さんの顔を洗う要領でお子さんの体を洗って下さい。


お風呂から上がったら、すぐに保湿剤をたっぷり使いましょう。
これもまた、お母さんの顔に化粧水や乳液をつけるのと同じ事で、入浴後すぐにローションを使うと、しみ込みやすいです。
その後、時間があれば、クリームタイプの保湿剤を塗ると、一層効果がありますよ。


保湿剤は市販品のキュレルの試供品をご用意してありますが、先生も処方しますので、お気軽にご相談くださいね。


看護スタッフ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kodomoclinic.blog24.fc2.com/tb.php/170-1393fb0a
Listed below are links to weblogs that reference
乾燥と保湿 from 旭川市小児科|小児気管支喘息【土田こどもクリニック】

Home > 子どものスキンケア > 乾燥と保湿

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top