Home > 2012年05月

2012年05月

流行中の胃腸炎

胃腸炎にも様々なウイルスがいます。
その中でも感染力が強いのはノロウイルスロタウイルスになります

吐いた物や便中にウイルスがいて手を介して口に入り、嘔吐や下痢を引き起こします。
ノロやロタかどうかの原因を調べるには時間がかかります。
ノロやロタの場合も治療は大きく変わりませんので、症状に合わせて点滴や内服、坐薬を使用します。

食事は油っこい物を避け、消化によい物を摂りましょう
吐いている時は無理に食事を摂らなくてもよいです。
ただし脱水になることが多いので、水分は吐いていても少しずつ(1口、2口ずつ)飲ませてください。
1口飲んだら数分休んでまた1口飲んでという風に少しずつ飲ませると、吐くことも少ないです。

『吐くから飲ませない』でいると脱水になってしまいます

ぐったりして寝てばかりいたり、尿量が少ない等が脱水の症状になりますので、このような症状がある場合にはできるだけ早く受診しましょう。
また水分は水よりもジュース等少しでもカロリーや電解質のある物を選びましょう。
まずは胃腸炎にならないよう、手洗いをしっかりしましょう


看護スタッフ

Home > 2012年05月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top