Home > 2012年04月

2012年04月

溶連菌感染症が増えています!!

日に日に雪解けが進み、桜の開花が待ち遠しい季節になりました
ようやくインフルエンザもピークを過ぎ、少なくなってきました。

が、今度は溶連菌感染症が増えてきています。

溶連菌感染症はA群β溶血連鎖球菌による感染症で、日本では4~5種類、海外では20種類もあるそうです。
飛沫感染がほとんどで、学校や保育園、幼稚園で流行することがあります

症状は発熱、咳、のどの痛み、頭痛、腹痛の訴えや、苺舌(舌の表面がブツブツして鮮やかに赤くなる)、扁桃腺が腫れて膿がついたり、首のリンパ節が腫れることもあります。
また、体に湿疹が出たりと、様々な症状があります。

治療は抗生剤が有効で、しっかり1週間内服し、除菌することが大切です

新学期もスタートしたばかりです。
手洗い、うがい、よく食べ、よく寝て感染予防をして下さいね


看護スタッフ

Home > 2012年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top