Home > 病気の説明

病気の説明 Archive

夜尿症(おねしょ)

夜、寝ている間のおもらしを「おねしょ」といいます。
このおねしょが、5~6歳になっても月に数回以上あると「夜尿症」といいます。
夜尿症は12歳をすぎる頃にはみられなくなりますが、まれに成人まで続くことがあります。
治るまでには、長い期間かかることが多いようです。


ご家庭でのおねしょ対策としては、
 ① 無理やり夜中に起こさない
    夜間ぐっすり眠っている時に、尿を濃くし、量を減らす「抗利尿ホルモン」が分泌されます
    夜中に無理に起こすと、抗利尿ホルモンの分泌が減り、夜尿が悪化することがあります。

 ② 水分のとり方の工夫
    水分は身体にとても大切です。朝・昼はたっぷりとり、夕方から制限するようにしましょう
    夕食も寝る3時間前には終わらせましょう

 ③ 規則正しい生活
    夜更かしや不規則な生活は、夜尿を悪化させます。
    早寝・早起き、決まった時間の食事を心掛けましょう

 ④ 寒さ(冷え症)対策
    夜尿症の子どもには冷え症が多くみられます。
    寝る前にお風呂でゆっくり温めるのも効果的です

 ⑤ おしっこのがまん訓練
    膀胱を大きくするために、おしっこのがまん訓練も大切です。
    尿意を感じたら、お話しするなどして、トイレを少しがまんさせてみて下さい。
    ただし、がまんしすぎると、尿が膀胱から腎臓に逆流して良くないので、ほどほどに・・・


日常生活の改善も必要ですが、夜尿症は病院で治療できる病気です
年齢や夜尿日数に関係なく、心配な時は受診してくださいね



看護スタッフ

RSウイルス流行中

RSウイルスは毎年、秋~冬にかけて流行し、2才までにほぼ100%近く感染します。
報道でもお伝えしていますように、今年のRSウイルスは例年より感染者数が多いと言われています

症状は主に鼻汁、咳嗽、咽頭痛、発熱などのカゼに似た上気道症状が見られます。
症状が進行すると呼吸数が増える、喘鳴、哺乳がしずらくなります

1歳未満のおこさま(特に生後6ヶ月未満)、早産児、呼吸器や先天的に心臓の病気を持つお子様が感染すると重症化しやすいので、早めの受診をおすすめします
治療は症状を緩和する対症療法です。

RSウイルスは感染力が強く、感染経路は飛沫・接触感染で、潜伏期間は通常4~5日です。
RSウイルスから守るには、何よりも予防が大切です。
手洗いとうがいはしっかりとしましょう
また、喀痰と促すためにも細めな水分補給が必要ですね



看護スタッフ

マイコプラズマ肺炎

最近、テレビ等の報道で、マイコプラズマ肺炎が流行していると、とりあげられていました
当院でも、マイコプラズマ肺炎を疑われる症状の方が来院されています。

マイコプラズマとは細菌とウイルスの中間の微生物とされてます。
飛沫感染でうつり、学校や幼稚園などで流行します
初秋~冬に多く、特に5歳~12歳に多くみられます。


症状は、乾いた咳が長く続き、早朝・夜間就寝時に増強する傾向があります。
又、発熱・のどの痛み・鼻症状・頭痛・胸痛などがあります
経過は一般に良好で、合併症がある時に入院することもあります
潜伏期間は2~3週間です。

治療には抗生剤(マクロライド系・テトラサイクリン系・ニューキノトロン系)が有効です。
が、最近マクロライド系が効かないタイプが増えているそうです。
予防には、十分な睡眠と栄養、うがい・手洗いが大切です


以前は、4年毎の流行とされていましたが、現在では毎年見られるようになりました。
また、一度患っても一生免疫はつかず、何度も感染します。
咳が長引く等の症状があれば、早めに受診してください



看護スタッフ


手足口病

夏カゼの一つに、「手足口病」があります。


字のとおり、手・足・口に水泡ができる病気です
主な原因ウイルスはコクサッキーA16とエンテロウイルスと云われています。


1歳をピークに4才位までの乳幼児がかかります。

2~7日の潜伏期間をおいて、発症します。
肘・膝・おしりにも水泡ができることがあります。
高熱になることは少なく、まれに下痢になることもあります
1週間程度で自然に治ります


口のなかが痛くて食べられなくなるので、脱水にならないように水分を摂ることが大切です

まれに、髄膜炎・脳炎を合併することがあるので、頭痛・嘔吐・高熱が続く場合は受診しましょう


看護スタッフ

ヘルパンギーナ

暑い日が続いていますね

いよいよ夏本番です


夏といえば、、、夏かぜ
中でもヘルパンギーナは、高熱とのどの奥に水ぶくれができて
水分もとれなくなるくらい痛みがあります。


熱は2~3日で下がりますが、回復には1週間位かかります。

口の中が痛い時は、なかなか食べられないので、ツルンと飲み込めるプリンやゼリー、
冷たいアイスクリーム、冷奴
などを与えてあげましょう
水分も牛乳や麦茶、ポタージュスープなどを少しずつ、こまめにとらせてあげましょう。


熱が3日以上続いたり、水分がとれなくてぐったりしている時は、
もう一度診察を受けましょう



看護スタッフ


Home > 病気の説明

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top