Home > 子どもの発熱

子どもの発熱 Archive

ざやくのさし方

子どもにざやくをうまくさせずに、困っているお母さんの相談をよくうけます。

次のようにやってみてはいかがでしょうか


①ざやくにベビーオイルやサラダ油、オリーブオイル、ハンドクリームなど1滴つける。

②赤ちゃんはオムツ替えの姿勢で、少し大きいお子さんは横向きでひざを曲げる。

③できればお母さんの手にビニール袋やラップ等をかぶせる。

④お母さんの人指し指の爪が見えなくなるまで、そっとざやくを肛門に入れる。



P1000204(1).jpg



ざやくを肛門ギリギリまでしか入れないとすぐウンチがしたくなったり押し戻されてしまいます。
入れた後はよく手洗いして下さい。

なおけいれん止めのダイアップと熱冷ましのアンヒバやアルピニーを使う時は、
先にダイアップを使って、30分位してから熱冷ましを入れて下さいね



看護スタッフ


発熱の時のおうちケア

夏かぜがまだまだ流行中です


高熱が続いている時は、水分の補給をこまめにしましょう。
  (ポカリスウェット・りんごジュース、母乳など)



熱の上がり始めは、手・足が冷たくなり、寒気が起こります。
布団を1枚多くしてあげて、暖めてあげます。
熱が上がりきってから、冷やしてあげましょう。(手・足が暖まります)


小さいお子さん以外は、氷やアイスノンで冷やす時は、タオルでくるみ、脇の下や足の付け根に当ててあげます。
ハンドタオルをおしぼり状にして凍らせておくと便利ですよ


熱がある時は入浴ができないので、おしりだけ洗ってあげたり、ぬれタオルで拭ったあと、乾いたタオルで水分を拭きとってあげましょう


小さなこどもの場合、お腹の症状や意識の状態にも気を配って上げてくださいね



看護スタッフ

Home > 子どもの発熱

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top