Home > 院内環境

院内環境 Archive

ベビーサークルができました。

8月末に、クリニックのトイレに、ベビーサークルが設置されました

今までお母さんがトイレへ行く際、待ち合いのベッドに赤ちゃんを置いていかなくてはいけなかったのが、お子さんも一緒にトイレの中へはいれます

柵が高めなので、つかまり立ちのお子さんも安心です

ベビーサークル

お子さんもお母さんの顔が見えると安心ですね




事務スタッフ

小児科学会へ行ってきました! ①

先週、26日(金)と27日(土)は休診させていただき、申し訳ありませんでした


その間、私たちスタッフは神戸で開催されました、日本外来小児科学会へ研修へ行ってきました

神戸の商工会議所、国際会議場、ポートピアホテルの3会場で、2日間に渡り、たくさんのセミナーや講演、パネル展示が行われ、スタッフは各自興味のある演題に参加し、たくさんの事を学んできました。


すぐに役に立つ身近な話題から、これから発売になるロタウイルスワクチンの最新情報など、たくさん学び、本当にスタッフそれぞれいい勉強をさせてもらいました。

これから、それぞれが持ち帰った最新情報を発表する、院内勉強会を重ねて行く予定になっています

これから、ブログでも勉強会の報告をupしていきますね


事務スタッフ




楽しく吸入しましょう!

気管支に炎症のある方や喘息の方に対して、
「吸入」をしてもらうことが、よくあります。


吸入中は一定時間、 マウスピースを口にあてていなければならないため、
小さいお子さんにとっては、終わるまでじっとしているのは少し大変かもしれません

そのため、吸入をする場所には、飽きてやめてしまわぬよう、おもちゃを置いてあります


最近、前のおもちゃが壊れてしまったため、
新しいおもちゃが登場しました




小児科 吸入 おもちゃ

アンパンマンとプーさんです


楽しい音楽も鳴るため、お子さんたちには大人気で
吸入が終わってもしばらく側から離れない子もいます。



病院を怖いところと思わずに、楽しく治療ができたら、良いですね



受付スタッフ:O

喘息治療薬の勉強会

今日は、喘息治療薬の勉強会でした。

製薬会社の担当さんが、アメリカ研修へ行ってきたそうで、研修で発表してきた事と、最新情報を報告してくれました。

現在当クリニックでも使われている、喘息治療薬は(キプレス、シングレア)日本で8番目に多く使われているそうです。
上位に生活習慣病のお薬が多い中、こんなに喘息のお薬も使われている事に少し驚きました。

研修では、『喘息のコントロールの為に、症状がない時にお薬をきちんと飲み続ける事』を医療機関で、しっかり説明することの大切さがアピールされていたそうです。

スタッフ一同、予防薬の大切さを再確認し、来院される方に疑問や不安が残らないよう時間をかけた説明が大切だと、あらためて思いました。


受付スタッフ:S

お疲れ様です・・! 

明日で看護スタッフTが退職となります、

クリニックでは2年半一緒にお仕事させて頂きました、産休明けすぐに復帰し、育児と仕事の両立は、それはそれは大変そうでした

それでもいつも笑顔で元気なTさんは尊敬してしまいます!!

一緒に働かせて頂いて、本当によかったです、

これからも、Tさんのご活躍をお祈り申し上げます!!

おつかれさまでした


受付スタッフ:S

Home > 院内環境

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top