Home > 子どもの鼻水

子どもの鼻水 Archive

子どもの鼻水・鼻づまり

乳児は鼻水・鼻づまりが起きやすいものです。赤ちゃんのお肌はデリケートなので、鼻の掃除をする際は、粘膜を傷つけないよう気をつけてあげましょう。
湿気を含ませてあげると取りやすくなります。お風呂上りもオススメです。
また、鼻がつまるとおっぱい、ミルクが飲みにくくなります。
赤ちゃんの様子に応じて、辛そうなら1回の量を減らして何回かに分けて飲ませてあげても良いでしょう。

スタッフ:O

☆。.:o.。...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─....o:゜。☆
  ゜o 。旭川市小児科 土田こどもクリニック 。o ゜
o○o   HP:http://www.kodomo-clinic.info/ o○o
。 o゜  北海道旭川市旭町2条10丁目128-50  ゜ o。
o☆o   電話: 0166-55-0202/FAX:0166-55-0012 o☆o
☆。.:o.。─...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─.o:゜。☆

鼻水、鼻づまり受診の目安 

鼻水が出たり、鼻が詰まった時は何をきっかけに受診をしたらいいのかわからない事も多いかと思います。透明でサラサラの鼻水は、風邪の初期症状の他に、
気温の変化による場合もあります。機嫌が良く、鼻水、鼻づまり以外に症状がなければ様子をみて大丈夫だと思います。
室内の環境にも気をつけながら、鼻水を取るなどケアをしてあげてください。その後お子さんの様子をみて、ぐったりしていたり、食欲が無ければ、
かかりつけ医にご相談してください。

スタッフ:S

☆。.:o.。...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─....o:゜。☆
  ゜o 。旭川市小児科 土田こどもクリニック 。o ゜
o○o   HP:http://www.kodomo-clinic.info/ o○o
。 o゜  北海道旭川市旭町2条10丁目128-50  ゜ o。
o☆o   電話: 0166-55-0202/FAX:0166-55-0012 o☆o
☆。.:o.。─...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─.o:゜。☆

Home > 子どもの鼻水

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top