Home > 子どものスキンケア

子どものスキンケア Archive

赤ちゃんのスキンケア ~ 保湿編 ~

前回の 洗う編でお肌をきれいにしたら、次は保湿をしてあげましょう


体を拭いた後できるだけ素早く保湿剤を塗ってあげて下さい
保湿剤には、ローションタイプクリームタイプがあります

ローション夏の暑い時期や、さっぱりと使いたい時に、クリーム冬の乾燥する時期夜寝る前などで使い分けてもいいでしょう


塗る量は、ローションなら1円玉大 クリームなら大人の人差し指の先から第一関節までの量を手の平2枚分の面積に塗ります
少しベタつきテカテカ した感じになっていれば十分です


塗り方は、均等に点在させてトントンとなじませ円を描くようにのばしていきます
決してこすったりすり込んだりしないようにしましょう


保湿剤の塗り方


顔 ~ 目の周りは左右にやさしく動かすように
    口の周り、あごに沿うように
    耳は上下するように裏側つけ根も忘れずに

体 ~ 左右対象に 6~8ヵ所くらいに点在させて円を描くようにのばしていきます

湿疹があって赤くなっているところは軟こうを塗ってあげましょう



洗う時も、塗る時も、手の平でこすらずお肌の状態を感じながらやさしくケア&スキンシップしてあげましょう

回数は1日 2~3回 保湿をしてあげて下さい
赤ちゃんがおっぱいを飲んで眠ってしまった時などがチャンスですよ
やさしくマッサージで赤ちゃんもお母さんの夢をみながらねむれることでしょう


スキンケアはお母さんが毎日、洗顔し、化粧水や乳液を付けるのと同じです
お子さんが自分で出来るようになるまで、無理なく続けられると良いですね




看護スタッフ

あせも

毎日暑い日が続き、汗をかくこの季節は特にあせもができやすく、大人・子ども・新生児を問わずできます
あせもができやすい部位は、首・肘の内側・膝の裏側等、汗が乾きにくい部位です

乳幼児の場合、オムツで覆われる部位は要注意です

予防として・・・
汗や汚れに対するケアが必要です。
汗を吸いやすい肌着の着用、こまめに着替える、シャワーを浴びる、濡れたタオルで軽く叩くように拭き取る、室内調節を心掛ける 等、皮膚を清潔に保つことが必要です

できてしまったあせもには、早期にスキンケアと塗り薬による治療を行い、掻き壊しないようにしましょう。


看護スタッフ


乾燥と保湿

旭川では落葉も降り積もり、ストーブ(暖房)が必要な季節となりました

ストーブを使うと空気がさらに乾燥し、朝起きるとのどがイガイガしたり、皮膚がカサカサ白くなったりします。


お子さんの肌はどうですか?
朝の着替えの時にざらついたり、かきむしり傷はついていませんか


子どもは汗をかくのでお風呂は毎日入り、できれば石けんをお母さんの洗顔ネットを使って泡立てて、泡をすりこむように手で洗ってあげるのがベストです

ナイロンタオルとボディソープは乾燥肌の一番の大敵と神戸の学会であげられていました。
要はお母さんの顔を洗う要領でお子さんの体を洗って下さい。


お風呂から上がったら、すぐに保湿剤をたっぷり使いましょう。
これもまた、お母さんの顔に化粧水や乳液をつけるのと同じ事で、入浴後すぐにローションを使うと、しみ込みやすいです。
その後、時間があれば、クリームタイプの保湿剤を塗ると、一層効果がありますよ。


保湿剤は市販品のキュレルの試供品をご用意してありますが、先生も処方しますので、お気軽にご相談くださいね。


看護スタッフ

うっかり日焼け、大丈夫ですか?

紫外線の強いこの季節になりましたね、旭川でも昨日は一日夏らしい一日でした。

夏に恐ろしいのが“うっかり日焼け”です

実は日焼け止めを塗っているはずの顔こそうっかり日焼けをしやすいそうです。

どうやら日焼け止めの塗り方が誤っている場合があるようですね。

日焼け止めは、あご→鼻の下→鼻→頬→こめかみ→額の順に伸ばしてから押し込み、1分放置するのがポイント。
こうして肌と一体化させてあげるといいそうです。


とはいえ、SPFやPA数値が高いアイテムは、肌に負担がかかるります。

お子さんには、SPFやPA数値の低い子供用ものを選んでください。

お子さんと外遊びをする時は、紫外線対策、忘れずになさってくださいね


受付スタッフ:S



子どものスキンケア

冬は空気が乾燥しているので、赤ちゃんの肌は少し油断すると一気にカサカサになってしまう事があります。赤ちゃんとお出かけするとき寒さ対策は万全でも、
忘れがちなのが、乾燥対策です。見た目はスベスベでも触るとカサカサしていることもあるので、おむつ替えや着替えの時など触って確かめてあげて下さい。
たっぷりの保湿剤を塗って潤いを補ってあげてください補ってあげてくださいね。
小児科でもお肌の乾燥を診察しているので、お気軽にご相談くださいね。

スタッフ:M

☆。.:o.。...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─....o:゜。☆
  ゜o 。旭川市小児科 土田こどもクリニック 。o ゜
o○o   HP:http://www.kodomo-clinic.info/ o○o
。 o゜  北海道旭川市旭町2条10丁目128-50  ゜ o。
o☆o   電話: 0166-55-0202/FAX:0166-55-0012 o☆o
☆。.:o.。─...─...─...─...─...─...─...─...─...─...─.o:゜。☆

Home > 子どものスキンケア

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top